HOME>事業案内>ものづくり支援事業

ものづくり支援事業

無垢で純朴な技術者集団の挑戦

失敗と挫折、あきらめない心、当社の真実の姿を知ってください。

常務取締役 桑野 太郎

 桑野工業は創業より58年間、マスプロ電工株式会社、林テレンプ株式会社という2社のお客様に対する協力工場、下請工場として機構部品設計技術、高周波アナログ回路設計技術、自動車部品生産技術、品質管理手法、100%子会社海外生産工場という資産を長い年月をかけて研鑽してきました。

 そんな特定2社のお客様だけに深く貢献してきた技術者集団ですが、国内市場環境の縮小など、近年の日本の製造業を襲う深刻な外的要因による経営危機に晒され、58年の時を経て初めて外の世界に飛び出し、新しい世界に挑戦しようとしています。

 私たちの有する技術、設備がより多くのお客様と出会い、製造業の新たな可能性に気付くことを願い、「ものづくり支援事業」を立ち上げました。この全く新しい挑戦をお客様と共に喜びを分かち合い、お客様の成功を通じて次代の日本のものづくりの最前線を走り続けることが私たち桑野工業の使命であり、「ものづくり支援事業」の目的です。

ものづくり支援事業に関するお問い合わせはコチラからどうぞ。